あなたの英語を活かす!特許翻訳入門30日速習プログラム




 英語力を生かして、何か仕事をやりたい貴方、特許翻訳業務はいかがですか!

 特許翻訳とは何か、この人が特許翻訳業務についてレクチャーをしてくれます。

山元さん

 はじめまして弁理士の山元俊仁(やまもと としひと)と申します。

私は、東京オリンピックがあった昭和39年に弁理士試験に合格しました。

それから今日まで、40年以上、弁理士として国際的な特許業務を行っています。

その間に、日本弁理士会副会長に選ばれ、そして、弁理士功労として黄綬褒章を受章しました。


 特許翻訳は、発明の技術内容が記載されている特許明細書を翻訳するものです。

 特許明細書には、日本語で書かれたものや、英語で書かれたものがありますが、どちらも書き方のパターンが決められています。

 したがって、書き方のパターンに慣れてしまえば、特許明細書を効率よく翻訳できるようになれるのです。

 しかし、そのためには、まず最初に、あなたがしなければならないことがあります。

 それは、特許翻訳の基本を修得することです。

 では、「特許翻訳の基本」とは何か?ですが・・・

 これは、いろいろ捉え方があるのでしょうが、私は、「特許翻訳の基本」とは、特許明細書が翻訳されるときに、具体的にどのような感じで翻訳されるかを知ることだと捉えています。

 つまり、特許翻訳の基本を修得して特許翻訳の感じをつかみさえすれば、特許翻訳は学習するにつれてメキメキ上達するのです。

 ▼ 詳しくはこちら ▼
 あなたの英語を活かす!特許翻訳入門30日速習プログラム

 




勉強猫

CSS3のMedia Query